クラミジア感染症の男女別の変調

クラミジア感染症の病態

 

父親のクラミジア感染症病態
因子となった性行為のその後、数日~3ウィーク程度の潜伏年月を経て病態が出ます。その為、約毎月以内に不特定多数という関係を持つなどした場合、特定することは難しいでしょう。

 

父親の場合、基本的には尿道から感染し、放置する結果周囲の五臓へ広がっていきます。病態は自覚症状が小さい結果、気付かない細菌オーナーが多数います。尿道炎から精巣上体炎や前立腺炎って進行して出向く結果、父親不妊の原因にもなります。

 

自覚症状が出た場合、下記の様な病態があります。

 

・尿道の炎症による、排尿痛(軽微)
・尿道のウズウズや違和感
・尿道から透明の膿が出る
・軽々しい発熱や疼痛など

 

 

女の子のクラミジア感染症病態
因子となった性行為のその後、数日~3ウィーク程度の潜伏年月を経て病態が出ます。その為、約毎月以内に不特定多数って関係を持つなどした場合、特定することは難しいでしょう。

 

女の子の場合、基本的には子宮頸部から感染を起こしますが、約80パーセンテージのクライアントが自覚症状がありません。

 

丸ごと放置する結果、感染仕事場といった炎症仕事場が広がっていき、不妊症という懐妊がしにくい状態になり易く、懐妊したとしても子宮外部懐妊や流産・早産といった環境を招き易くなる。

 

また、子供にも母子感染する恐れがあるので、懐妊の雰囲気があった場合は、合わせて性感染症の診察も必要でしょう。

 

自覚症状が出た場合、下記の様な病態があります。

 

・さらさらのおりものが広がる
・土手っ腹あたりに疼痛や違和感
・性行為の時に痛みを感じる
・メンス以外での不当出血など

 

クラリスロマイシンTOPHPへ